森林の水源涵養機能に関する「わかりやすい説明(例えばココ)」はどうも「わかりにくい」です。「森林が水資源にプラスにはたらくはず」ことが広く国民に共有されているため、「森林を伐採すると蒸発による水消費が減って川の流量が増える」という研究結果の説明について、林野庁や森林水文学研究者が慎重であったからだと思われます。しかし、最近の研究から、森林の蒸発がなければ雨量が減って気候が乾燥し水資源が枯渇する地域が多いことがわかってきて、森林と水資源の密接な関係を見直すことが必要になっています。詳しい説明を見る