これまで「大雨になると森林の洪水緩和効果は無視できるのでダムが必要」と主張されることがありました。けれども、「ダムを増やしても、森林が健全でも、水害は防げない」、これが正直な実感ではないでしょうか。大雨の時の森林の保水力については理解が共有されていません(最新の書物「ダムと緑のダム 狂暴化する水災害に挑む流域マネジメント」に対する書評をココに載せました)。森林整備だけで水害を防げるはずはありません。が、ダムが最適だとする国の方針を受け入れるには、科学的な議論が必要です。詳しい説明を見る