水害に逢われた方々は、まずは生活が元に戻る復興を目指されるでしょう.でも,国や自治体から「被害が起こらないような改良工事(堤防を元に戻すだけではなく,その嵩上げやダムの新設など)をしてはどうか」との提案があると,公共事業で住民の経済的負担がないので、結果的に被害をこうむる者が少数あったとしても、公共のために我慢してもらう、との流れになりがちです.けれども,改良工事をしても,温暖化にともなう降雨規模拡大,都市化による住宅密集,水源山地の森林荒廃,上流域の過疎化などにより,水害は再び必ず起こります.改良のための治水工事も重要ですが,流域土地利用や温暖化抑制などの直接的な治水以外の計画も総合的に検討することが,次の世代の暮らしを支えるために必要なことだと思います.詳しい説明を見る